作業療法士はリハビリテーションの専門家

作業療法士は、心身に障害のある人を様々な「作業」を通じて社会に適応できるように手助けするリハビリテーションの専門家です。医療現場では「OT」と呼ばれ、やりがいのある専門技術者として、理学療法士や言語聴覚士と共に、大変注目され、資格取得希望者が増加している職業です。

作業療法士は、身体・精神に障害のある人、あるいは、それが予測される人に対し、主体的な生活の獲得と復帰を図るための機能回復・維持・開発を、一人一人の障害の程度に応じて医師や理学療法士、介護福祉士と協力して、作業活動を用いた治療・訓練・指導援助を行います。

作業療法士になるための国家試験は、例年では、年1回、3月上旬に筆記試験を実施し、3月中旬に口述及び実技試験を実施します。試験の申込み期間は1月中の2週間程度です。受験資格を持ち、受験希望する方は、最新の日程を確認しておくと良いでしょう。試験内容は、共通問題と専門問題に区分して行われる「筆記試験」と「口述試験及び実技試験」で構成されています。

作業療法士の多くは、国家資格取得後、病院や老人保健施設などに就職し、臨床の現場で経験を積んでいきます。最近では高齢化に伴い介護分野での需要も増え、専門の力を発揮する場も多肢に渡ります。5年以上の経験で介護福祉専門員(ケアマネージャー)の受験資格も得る事が出来ます。

Copyright (C) Marcapasos イントラレーシックのメリット. All Rights Reserved.