コンドロイチンの特徴

コンドロイチンには正式な名称があり、それはコンドロイチン硫酸ナトリウムといいます。
その名前の由来はギリシャ語のコンドロスからきており、軟骨という意味なのです。

コンドロイチンはその名前からもわかるように、ヒアルロン酸やたんぱく質とともに関節の軟骨の部分に存在し、それらが軟骨のクッションとなっているのです。

コンドロイチンはその他にも皮膚の結合組織や脳などのあらゆる組織に広く存在しています。
コンドロイチンは角膜を保護するときや、関節痛や腰痛、また五十肩などの病気をなおすためなど、医薬品として幅広く使われているのです。コンドロイチンにはこのように関節を維持したり、皮膚を保湿したりする力もあるので、それが健康食品としても使われているのです。

コンドロイチンが存在しているものは自然の中にもあり、納豆、山芋、そしてなめこ、オクラといった粘り気のある食品に多く存在しています。コンドロイチンは動物性の食品ならば鶏の軟骨、サメ、それからフカヒレ、ドジョウ、ウナギなど含まれており、動物性の食品のほうが植物性の食品より吸収率が高いといいますが、少し珍しい食品ばかりです。その上含まれているコンドロイチンは微量なため、体内に吸収させるためにはその食品を大量に摂らなければなりません。現実的に考えても食品では無理があり、サプリメントを利用するほうがいいでしょう。

サプリメントの原料は従来は牛や鯨によるものが主でしたが、捕鯨の禁止やBSEの影響がありました。
現在はサメからの抽出がコンドロイチンの主たるものになっています。

Copyright (C) Marcapasos イントラレーシックのメリット. All Rights Reserved.