エアジョーダンの誕生秘話

大学時代に既にバスケでヒーローとなっていたマイケル・ジョーダンがシカゴ・ブルズに入団した時に条件に出したのが、自分モデルのバスケットシューズ。こうして誕生したナイキのバスケットシューズair Jordan(エアジョーダン)は、意外なことに、当初は全く売れませんでした。

シカゴ・ブルズに入団した当時マイケル・ジョーダンはアディダスとの契約を望んでいたそうですが、アディダス側はプロ選手として実績のないジョーダンとの契約を断りました。そこでナイキと契約することになったのですが、これがair Jordan(エアジョーダン)誕生のきっかけとなったのです。

マイケル・ジョーダンがプロデビューした当時、ナイキの評価は低いものでした。だからこそルーキーであるジョーダンでも契約を結ぶことができたのですが…。もし、ジョーダンが契約を希望していたアディダスがジョーダンの才能を見出していたら、air Jordan(エアジョーダン)は存在しなかったかもしません。

マイケル・ジョーダンとナイキとのコラボレーションで生まれたair Jordan(エアジョーダン)。プロデビュー後のジョーダンとの活躍とは裏腹に、エアジョーダンはなかなか売れませんでした。それでもナイキはジョーダンを信じ続け、ついにエアジョーダンWで大ブレイクを果たしたのです。

Copyright (C) Marcapasos イントラレーシックのメリット. All Rights Reserved.